Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Profile
Comment
MEROMERO PARK
DRECOM RSS.
PHOTO
Mobile
qrcode
Search
mirror(初回生産限定盤)
mirror(初回生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
堂本光一,Satomi,石塚知生,白井裕紀,新美香,ha-j,久保田洋司,佐藤泰将,船山基紀
PHOTO BOOKの光ちゃんが美です(*´Д`*)
■□ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.02 Friday - -
■□ ARASHI Marks 2008 Dream-A-live
嵐の5大ドームツアー、福岡ヤフージャパンドームに行ってきましたよ。
あと、札幌しかないけど、札幌があるので一応隠しておきます。
一日目は、フィールドシートとかいうアリーナでもなく、スタンドでもない。
そんな感じの席でした。
この席は、大体ステージ全体が見渡せて、
でも、目線はアリーナとほぼ同じだから、
上から見えるというわけではなく、トロッコみたいなのに乗って前を通られると、
完全に上を見上げました。
二日目は、ファールポール?横の内野側、前から3列目くらいに居ました。
この席は、はしっこすぎて、ステージにあるスクリーンが、
スピーカーとかにかぶってしまって、見えない部分が出てきたり、
左上のほうにあった階段を下りたりすると、姿が完全に消えてしまったり。
目線は、白馬に乗った潤君が、同じ目線でした。

SMAP、KinKiと、嵐以外にもドームコンを体験しましたが、(ジャニーズだけですが( ^ω^;)
やっぱり、ドームは、コンサートをする会場じゃないなと改めて実感しました。
私がいまさら、書かなくても、いろんな人が書いてるだろうし、思ってると思うので、
めんどくさいので、書きませんが、やまびこ!
やまびこと同じことがドーム内で起こってるわけじゃないですか。
これが、いやです。


コンサートの内容は、ラブパレードの演出はおー!って思ったし、
あの乗り物に乗ってる嵐はかわいいし、白馬だったり、上下に動いたり光ったり、
画面がついてたり、シャボン玉が出たり、ハートが回ってたり、
細かくて、手がすごい込んでるし、スタッフまでピエロになってるしw
Once Againとか私、大好きだし、Life goes onは見てて楽しいって思ったし、
あの、毛虫のキャラクターもかわいいよ。
ちゃんとamnosってなってて、細かくて、いいと思うよ。
けど、やっぱ、ドームだからなんだろうね。
会場が大きい分、ファンの近くに行きたいっていう気持ちが強いからなんだろうね。
私としては、魅せる嵐が少なかったような気がするよ。
あと、デビュー曲をしなかったっていう。
それなりの考えがあって、しなかったのかなとは思うけど、
私としては、さみしいよう(´・ω・`)

二日目の最後の挨拶で、潤君が「さみしい」という言葉を口にしたけど、
だったら、と思ったけど、潤君だけじゃ、嵐だけじゃどうにもならなかったんだろうね。
それより、そういう気持ちが嵐にもあるということがわかっただけでもよかったです。
次、どういう形になるかわからないけど、その「さみしい」という言葉が、
形になってくれることを、私は願うばかりですよ。


あと、パンフレットの翔君のインタビューで、
「そろそろ嵐ファンだって事公表してもいいでしょ」って事言ってて、
なんか、もし分けないでもないし、しょうがないでもないし、
なんか、言葉にならない気持ちが湧き上がってきました。
なんだろう、どう表現したらいいんだろう。わかって?( ^ω^;)
私も、そろそろ徐々に公表していこうかな、と思いました。


んで、最後に、大宮SK。あ、大宮SKOSHI?w
3年間も封印されていたんですか!?
そんなに長い間封印されていたとは知りませんでした。
じゃあ、大宮SKはドームデビューだったんですね、このツアーがw
しかし、いつの間にか、タカとユージになってるし、
サングラスが必須アイテムだし、片言が当然だし。
どんどん、キャラクター設定が後付されていっているw
次は、どんな大宮SKが見れるのか、楽しみです。
今回は、タカの体育座りも見れたし、ファイナルラブも見れて、
ダダをこねるユージも見れて、満足です。


まとめると、嵐大好きだと、改めて実感したって事ですよ。
2008.06.22 Sunday ARASHI(Dream-A-live) comments(0)
■□ スポンサーサイト
2009.10.02 Friday - -









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.